自治体向け

自治体向け防災GIS

消防防災GIS     

本システムは、避難所や病院、備蓄倉庫等の防災関連データや、災害時の被害状況を地図上で管理することできます。登録したデータから全体の被害状況を把握することで、迅速で的確な災害対策を実現致します。


特徴

防災関連データの効率的な管理、登録が行え、それらのデータを使用して防災マップの作成、図上訓練、災害時状況対応支援が行えます。災害時オペレーション機能では、被災市町村と他の市町村や都道府県・国などと情報をインターネットを使用して情報共有する事が可能であり、災害時の応援・救助活動を効果的に支援する事ができます。

本システムは、全国の都道府県、市町村、消防本部に無償で配布しております。


主な機能

【平常時】防災関連データ管理機能

防災データの管理を行う機能になります。
災害発生時の対処を迅速かつ的確に行う為には、防災情報の把握が必要です。地図上で防災データの情報を登録しておくことで、災害発生時に効率的に対処することが可能です。

<防災関連データ管理機能>

防災関連データ管理機能

【災害時】災害時オペレーション機能

災害発生時に、被害情報や応急対策の状況を登録する機能になります。
上記、防災関連データ管理機能で管理していた防災データに加え、被害情報を登録することで、災害の全体像を把握することでき、迅速かつ的確な対処を行うことが可能です。

<災害時オペレーション機能>

災害時オペレーション機能

<災害時オペレーション機能 補足データ>

災害時オペレーション機能


推奨スペック

  • マシン機種
    • PC/AT互換機
  • 対応OS
    • Microsoft Windows 7 日本語版(SP1)
    • Microsoft Windows 10 日本語版
  • その他
    • Microsoft .NET Framework2.0または3.0または3.5
    • Microsoft Office Excel
  • CPU
    • Intel  PentiumⅢ(1GHz)以上を推奨
  • メモリ
    • 512MB以上推奨
  • HDD空き
    • 10GB以上推奨
  • CD-ROM ドライブ
    • 24倍速以上
  • ディスプレイ
    • XGA(1024×768)
    • High Color(16ビット・32ビット・64ビット)以上推奨
  • プリンター
    • OSに対応したドライバを持つプリンタ・プロッタ

利用データ

  • 国土交通省国土地理院
    • 地理院タイル
    • 数値地図 10mメッシュ(標高)
      ※国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報、及び数値標高モデル(DEM)10mメッシュ(標高)を使用したものである。
      ※承認番号:平22業使、第690号
    • 位置参照情報
  • 株式会社昭文社
    • MAPPLE200000
    • MAPPLE 25000
    • MAPPLE 10000
      ※本データの知的財産権は、株式会社昭文社が保有しています。
  • 一般財団法人 Nコード管理協会
    • Nコード
      ※利用承認番号:11012-20001

※これらの地図データをホームページに画像を貼り付ける場合や電子メールによる送信、または大量印刷や有料販売する場合は、別途、著作権の手続きが必要です。詳細については、基盤地図情報は国土交通省国土地理院、MAPPLEデジタルデータは株式会社昭文社に、Nコードについては、一般財団法人Nコード管理協会に申請することにより有償で使用することができます。
※都道府県及び市町村、消防本部が防災業務に使用する場合に限っては、無許可での使用を認めます。

関連サイト


消防防災GIS に関するお問い合わせはこちら