スマホアプリ

スマホによる道路区画線の診断

道路区画線診断システム 

自動車の自動運転の実用化と普及に向けて様々な検討をおこなっており、自動運転での区画線の重要度も高まってきております。
標示業界としても区画線の整備を進める為に、現状の状況を把握する事が急務となっております。
従来の道路上での作業では、通行車両との接触などの懸念があるため、安全確保のために、撮影箇所毎に交通規制を行なう必要があります。
また撮影箇所や評価範囲は、調査員の主観によって選択されることから、結果のばらつきや過剰評価の可能性が指摘されています。
そこでIT技術の活用により、インフラ整備に求められている“簡単かつ定量的”な診断を実現するシステムを構築し商品化いたしました。

特徴

・AIを使い常に進化し続けるソフトは、常に最新版に自動アップデートします。
・写真とデータはUSBメモリなどにエクスポートして、外出先のパソコンでも専用のビューワーで利用することが可能です。(顧客に提出も可能です)
・撮影した写真は、緯度経度が付いているので、ほかのソフトでも2次利用できます。
・スマホや車載ホルダーもセット販売なので、届いたその日から使用できます。

主な機能

・自動撮影機能
・マニュアルフォーカス機能
・リモコンマニュアルシャッター機能(bluetooth)
・画像自動診断機能
・インターネット地図読み込み(地理院地図、OSM)
・診断結果色分け表示機能

路面撮影モジュール

取付けは、スマートフォン専用架台にセットし、あとはフロントガラスに吸盤で貼り付けるだけ!
面倒な、配線は必要ありません。あとは、スタートボタンを押すだけ!!


区画線診断モジュール

路面撮影モジュールで撮影した画像を区画線診断モジュールにより、区画線を自動的に認識し剥離率を解析し数値結果を地図上に3色(赤・黄・青)で色分けし視覚的に確認する事が出来ます。





表示モジュール

診断した結果を地図上に展開し、撮影した軌跡と走行画像が座標情報でリンクします。マウス指示により地点の走行画像が瞬時に閲覧できます。
背景地図は、無償で利用可能な地理院タイルデータやオープンストリートマップを使用しています。


導入後のメリット

・調査日数が大幅に削減できるので働き方改革、週休2日への対応や、施工日数の縮減が可能です。
・創意工夫に使えるので加点の可能性があります。
・施工前・施工後で撮影すると机上で塗替え状況の比較確認ができます。

他での使用方法

区画線の調査だけでなく、道路上の様々な構造物の管理も可能です。
・日々のパトロール・緊急パトロール
・防護柵・カーブミラー・デリネーター等の調査
・標識や付属物の管理
・道路損傷個所の把握

塗替え基準

・路面標示ハンドブックでは5段階で、剥離率と塗り替え基準を定めています。
・測定結果表を参考に地図上で識別しやすいように便宜上3つに分類しています。
・評価ランク4,5〇(青色) 評価ランク3△(黄色) 評価ランク2,1×(赤色)
・剥離率の%はその範囲内で設定しています。

◆リーフレット&製品情報◆


 ※サイズ7Mbyte

特徴とメリット

製品情報

道路区画線診断システム お問合せ




個人情報保護方針」をお読み頂き、同意頂ける場合は、チェックをお願いします。