空間解析

時空間内挿技術で”bigData”を診る

時空間内挿とは

1.空間内挿に時間軸データを利用する
2.空間内挿と時間内挿を行う
今回は後者。
空間内挿では、クリギングやIDWといった方式もありますが、最終的に高周波を除くので高速化に適したTIN方式で行っています。

空間内挿(TIN)について





GPGPUの活用

・画像処理用のGPUを計算につかってしまう。
・最近は、コア数3000~5000 バス500GB/sec  
 得意分野は大量の単純繰り返し処理
・どれぐらい早くなる?
 適用分野と内容によるが、100倍以上になる事も

時間内挿(変動)について

地図と重ねて再生

・行政区域面(国土数値情報)でマスクを行い、動画生成
・地理院地図を利用

内挿サンプル

バブル時代の地価変動

3.11以降の電子基準点の動き

 
時空間内挿についてのお問合せ




個人情報保護方針」をお読み頂き、同意頂ける場合は、チェックをお願いします。